カントン包茎の手術手法|CC法

投稿者: | 2020年8月27日

カントン包茎の手術CC法は一番スタンダードな手術方法です

カントン包茎の手術方法にはさまざまなものがあげられますが、その一つがCC法とよばれるものです。CC法は環状切開法ともよばれていますが、多くの包茎手術のクリニックや一般の病院でも、以前から扱われているものです。

カントン包茎のCC法手術は、包皮を輪切りの状態に切除する方法です。切除する部分が、亀頭のカリの部分よりも数センチほど下の部分で縫合されることから、一般的にツートンカラーのような状態になるともいわれています。

カントン包茎のCC法手術の最大のメリットは、メスを使う手術の中でも比較的リーズナブルな値段で受けることができることです。包茎手術が低価格で受けられることをうたい文句にしているクリニックも多いですが、そのようなクリニックは多くの場合、CC法がもちいられることになるでしょう。

以前までは機能面が重視されていたので、見た目はそれほど考えられていませんでした。ツートンカラーになることにそれほど抵抗がないのであれば、特に問題のない手術と言えます。

カントン包茎のCC法手術のメリットやデメリットを知ろう

カントン包茎の手術としてCC法をもちいることのメリットには、比較的単純な工程であるため、手術の時間は約20分前後と短いことが挙げられます。また出血量も少ないため、安全性が一番高い方法と言えます。

基本的には裏筋を残すことができるため、性感が低下するリスクも抑えられるでしょう。切除する包皮に関しても、勃起した際の陰茎の長さを計測してから行うため、術後の突っ張り感などもないと言われています。

反対にデメリットは、カントン包茎の手術の跡がくっきりとわかってしまうので、パートナーには手術を受けたことがわかってしまうことがあげられます。傷を境にして色の違いがはっきりと分かれ見栄えが悪く、パートナーにカントン包茎であったことがばれたくない場合には不向きと言えます。

せっかくリーズナブルな値段で手術を受けたのに、この傷痕が嫌で再度再建手術を受ける人も見られます。このようなことをよく考えたうえで、手術を受ける必要があるでしょう。

まとめ

カントン包茎の手術方法にはさまざまな方法がありますが、手術法の一つCC法には、このような特徴やメリット、デメリットなどがあることがわかります。

手術を受ける時にはできるだけ費用を抑えたいというのはだれもが思うことですが、この時に費用を一番に考えると、あとあと後悔する可能性もあります。傷跡が嫌で再建手術を受ける人も多く、これでは余計な費用がかかってしまうので、後々のこともしっかりと考えることが大切です。